日本金融学会その他お知らせアーカイブス

その他お知らせ・大学教員等募集情報アーカイブス

過去のその他お知らせ

2018年

シンポジウム「フィンテックと地域金融システムの変革」の開催案内

神戸大学社会システムイノベーションセンターと神戸大学経済経営研究所の共同主催によるシンポジウム「フィンテックと地域金融システムの変革」が に開催されます。

ご関心のある方は、下記のHPをご参照になり、お申し込み下さい。
http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/academic/ra/seminar/2017/seminar-details/201803061400.pdf

「第2回金融ジュニア・ワークショップ」の報告者募集案内

東京大学金融教育研究センター(CARF)から、「金融」の若手研究者を対象とした「第2回 金融ジュニア・ワークショップ」の案内がありました。

ご関心のある方は、こちらをご覧になり申し込んで下さい。

第26回国際金融シンポジウム(2018年2月22日開催)の案内

国際通貨研究所より、2月22日に開催されるシンポジウムの案内がありました。
詳しくは、同研究所の下記のHPをご覧下さい。
http://www.iima.or.jp/info_active/index_20180222.html

第2回Household Finance コンファレンスの開催案内

第2回Household Finance コンファレンスが、 に一橋講堂で開催されるとの案内がありました。ご関心のある会員は、こちらをご覧下さい。

第2回Household finance conferenceの論文募集のお知らせ

近年,学術研究のテーマとしての個人・家計の金融行動や金融リテラシーに関する関心が広がりを見せており,また我が国における政策課題としての重要性も高まってきています.そのような状況を背景として,我々がオーガナイズした最初のHousehold Financeに関するコンファレンスを2017年1月に開催しました.結果として,第1回目のコンファレンスとしては十分に成功を収めましたので,今年度も下記の様にコンファレンスを開催することといたしました.

日時:
場所:
一橋大学(千代田キャンパス)一橋講堂中会議室
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/hitotsubashi.html

報告を希望される方は,10月末日までにメールの添付ファイルで発表希望論文を,祝迫・家森の二人までお送りください.また可能であれば応募の際に,希望する討論者を2名程度まであわせてお知らせいただくようお願いします.論文の採否については11月中旬をめどにお知らせします.

論文自体は英語でも日本語でも結構ですが,コンファレンス当日の使用言語は日本語とし,また実証研究に関しては我が国のデータを用いたものを優先します.応募にあたっては,フルペーパーの送付が望ましいですが,10ページ程度のドラフト,ないしは相当する発表スライドでも構いません.また関東圏以外からの,発表者・討論者の旅費は主催者側で用意する予定です.その他,何か疑問点等ございましたら,遠慮なく祝迫までお問い合わせください.

多数のご応募をお待ち申し上げております.Household Financeないしは関連する分野に関心のある知り合いの研究者の方がおられましたら,このメール/ファイルを転送していただきますようお願いいたします.

論文送付先/Co-organizers
一橋大学経済研究所    祝迫得夫 <iwaisako@ier.hit-u.ac.jp>
神戸大学経済経営研究所  家森信善 <yamori@rieb.kobe-u.ac.jp>

過去の大学教員等募集情報

2018年

2018年の期日経過分大学教員募集情報はありません。